本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介! エンタメ

天神祭りは大阪の夏を彩る大イベントで、特に天神奉納花火は多くの人々を魅了します。

この祭りは、学問の神様として知られる菅原道真を祀る天満宮にて、平安時代から続く伝統的な行事で、特に奉納花火はそのクライマックスとして多くの人々を魅了します。

奉納花火は、祭りの最終日である7月25日の夜に、打ち上げられます。

花火は、神々への感謝と祈りを込めて奉納されるもので、その美しさと壮大さは訪れる人々の心を打ちます。

大阪の夜空を彩る華麗な花火が、川面に映る光景は一見の価値があります。

天神祭り2024で花火の見える場所はどこなのか?穴場や打ち上げ場所を紹介しようと思います!

2024年の天神祭りの花火を楽しむためには、最適な観覧場所を知っておくことが大切です。

ここでは、花火が美しく見える場所をいくつか紹介します。

ということで、天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!について詳しく解説していきますね。

 

天神祭り2024花火の見える場所どこ?

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!

打ち上げ場所から最大でも10km以内の範囲であれば肉眼で花火がみられる可能性大です。

毛馬桜之宮公園周辺、飛翔橋、長柄橋、天満橋周辺のビル屋上、源八橋の東側が見えるところでお勧めです!

ちなみに有料観覧場所は以下の7会場です。

・桜之宮(奉納花火のみ)
・桜之宮/ふれあいの水辺
・桜之宮橋上流/円形広場会場
・桜之宮橋上流/泉布館東側会場
・造幣局対岸上流側会場
・天満橋会場
・OMMビル屋上会場

全部で7会場です。

 

毛馬桜之宮公園周辺

天神祭りの花火を楽しむには絶好の場所ですが、激混みです。

早めに行って場所取りしないと、15時過ぎには埋まってしまいます。

多数の屋台が出店しどこからでも花火を楽しめます。

何度も言いますが、ものすごく混みますので、覚悟して行ってくださいね。

 

飛翔橋

少し離れていますが、人混みになりにくいです。

橋の上なので花火が綺麗に見えます。

 

長柄橋

大きな橋で人混みを避けたいひとには良いです。

でも、車が通るので、長くは居てられないです。

勿論ですが、座る場所もありません。

 

天満橋周辺のビル屋上

天満橋周辺には多くの高層ビルがあり、ビルの屋上から花火を見ることができます。

KKRホテル大阪のレストランでも見えるそうですよ!

見えるところは何処も予約で埋まってる可能性があるので、早めに予約してくださいね。

 

源八橋の東側

船渡御もみえるが、座る場所はありませんので、ご注意ください!

 

天神祭り2024穴場は?

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!

大阪城公園、扇町公園、梅田スカイビル、あべのハルカスが穴場です!

少し離れた、人混みが避けられる場所が穴場になります。

 

大阪城公園

大阪城公園は広大な敷地を持ち、花火をゆったりと観覧できるスポットです。

花火の打ち上げ場所から少し距離がありますが、その分混雑が少なく、静かに花火を楽しむことができます。

なかでも、天守閣付近がよく見えるそうです。

お子様連れは激混みを避けたいと思うので、こちらがお勧めですが、それでも早めに行って場所取りをすることが最善の方法だと思います。

良い場所がとれれば、大阪城と花火の映え写真も撮ることが出来るかもしれませんよ!

 

扇町公園

扇町公園は、天神祭りの花火を鑑賞するにはあまり知られていない穴場です。

公園内には広いスペースがあり、家族連れやカップルで静かに花火を楽しむことができます。

ビルには少しかかっていますが、十分楽しめますよ。

近くの天神橋筋商店街は、店前で出店している所もあると思うので、そちらも行ってみてはいかがでしょうか。

 

梅田スカイビル空中庭園

梅田スカイビルの空中庭園は、大阪の街を一望できる場所であり、ここから花火を見ることができます。

少し遠いので、花火は小さく見えますが、高い位置からの花火はまた違った趣があります。

大阪のデートスポットといえばスカイビルなので、混雑をさけて、恋人とゆっくり見たい人にはおすすめですね。

スカイビルにはレストランもあるので、合わせて楽しんでみてはどうでしょうか。

 

あべのハルカス展望台

こちらもだいぶ離れ、花火は小さいですが、展望台から花火が見ることが出来ます。

こちらも激混みを避けて、恋人と夜景を楽しみながらゆっくり過ごしたいひとには良いと思います。

 

 

天神祭り打ち上げ場所は?

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!

天神祭花火2024は【川崎公園】と【桜之宮公園】の2ヵ所で打ち上がります。

大川を挟んで二カ所で打ち上がります。

川崎公園

川崎公園は、造幣局の隣に位置しており、大川の東側です。

仕掛け花火が見られます。

 

桜宮公園

桜ノ宮公園は、大川の西側に位置しており、広い公園内から美しい花火を鑑賞できます。

こちらがメインの打ち上げ場所となります。

 

まとめ

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!

ここまで、天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!ということで、書いてきました。

花火の見える場所は毛馬桜之宮公園周辺、飛翔橋、長柄橋、天満橋周辺のビル屋上、源八橋の東側で見ることが出来ます。

穴場は大阪城公園、扇町公園、梅田スカイビル、あべのハルカスです!

打ち上げ場所は川崎公園と桜之宮公園の二カ所です。

天神祭りの奉納花火は、その美しさと壮大さから、大阪の夏の風物詩として多くの人々に愛されています。

天神祭り2024の花火を楽しむためには、観覧場所や穴場スポット、打ち上げ場所を把握しておくことが重要です。

大川沿いは混雑が予想されますが、かなり早めに行動することで良い場所を確保できると思います。

花火ばかりに注目されますが、船渡御も見どころです。

船渡御は地域の歴史と文化を次世代に継承する重要な役割を果たしています。

古代から続くこの儀式は、地域のアイデンティティを強化し、住民の結束を深める役割を担っています。

当日は、豪華に装飾された船が大川を行き交い、その上に神輿が載せられます。

船は大川を下り、地域を巡行、沿岸には多くの見物客が集まり、神輿が通るたびに手を合わせ、祈りを捧げます。

船上では雅楽が奏でられ、厳かな雰囲気が漂います。

巡行を終えた船は、再び天満宮の境内に戻り、最後に、神輿が船から降ろされ、祭りの終了を告げる儀式が行われます。

船渡御は、天神祭りの中でも特に重要な儀式であり、その歴史的背景や意味は非常に深いものがあります。

神霊の巡行を通じて地域を清め、五穀豊穣と繁栄を祈願するこの儀式は、地域の歴史と文化を次世代に伝える大切な行事でもあります。

船渡御を見ることで、日本の伝統と信仰心を感じることができるでしょう。

花火だけではなく、船渡御にも注目して見てくださいね。

テレビ大阪でも中継が毎年され、私は音楽と花火の融合もかなりお勧めです。

行けなかった年は必ずTV中継をみて、夏を感じます!

天神祭り2024花火の見える場所どこ?穴場や打ち上げ場所も紹介!をかいてきましたが、いかがでしたか?

この記事が少しでも天神祭奉納花火を楽しむ手伝いになればいいなと思います。

天神祭りの奉納花火は、訪れる人々にとって忘れられない思い出となります。

その美しさと感動を、是非体験してみてください。

これらの情報を参考にして、素晴らしい天神祭りの花火を楽しんでくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました